MENU

「PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)」のエラーの原因がわからない件→ついに解決

2020 2/17
「PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)」のエラーの原因がわからない件→ついに解決
目次

PageSpeed Insights をしたいけどエラーにしかならない

自分のサイトの速度がわかるPageSpeed Insights (ページスピードインサイト)っていうのがあるんだね。

ブログの記事数もそこそこの数になってきて、ちょっとサイト関係で面白いツールがないかぁ・・とネットをポチポチしていると、「サイトの速度がわかる」ページスピードインサイトを発見したのです。(気づくのが遅い)

このサイトの速度というものが実は超重要で、なんでもGoogleさんから言わせると、「〇秒で表示されなかったら▲%の人は離脱する」らしいです。

確かにページを開くときに数秒でも待たされたら、「遅いな・・」とか思っちゃいますもんね。

スマホでも、iPhone3Gとかの時は待ち時間が酷かったけどなぁ・・、と昔を思い出しながら、タダだし、ちょっとやってみようか!とチャレンジしてみることにしました。しかしその結果は・・、

Lighthouse returned error: FAILED_DOCUMENT_REQUEST. リクエストしたページを Lighthouse で正確に読み込めませんでした。テスト対象の URL が正しいこと、サーバーがすべてのリクエストに適切に応答していることを確認してください。(詳細: net::ERR_TIMED_OUT)

というエラーしか出てこない・・・。しかも何度やっても同じ結果。いつも80%のところまでは進捗が進むのですが、そこで必ずエラー、何度やってもエラー。このサイトの調子が悪いだけじゃないか?と思い、自分の他のサイトでも試してみました。すると・・、

Lighthouse returned error: FAILED_DOCUMENT_REQUEST. リクエストしたページを Lighthouse で正確に読み込めませんでした。テスト対象の URL が正しいこと、サーバーがすべてのリクエストに適切に応答していることを確認してください。(詳細: net::ERR_TIMED_OUT)

もともと「ちょっと速度測っちゃう?!」ぐらいの気持ちでチャレンジしてみたのですが、何度やってもできないので、意地でも計りたくなりました。

そうだ、こんなときはGoogleさんに聞いてみるしかない!!

「ググれば解決!?」しかしうまく行かない

とりあえず「ページスピードインサイト できない」でググってみる

とりあえず問題解決は、最高神であるGoogleさんに頼ることに。きっとこうやって同じように困っている人たちはたくさんいるから、すぐに解決するはずさ!

ページスピードインサイトと入力すると早速、予測変換には

ページスピードインサイト できない

ページスピードインサイト エラー

とたくさん出てきました。

ホラ、やっぱりみんなに起きている現象なんだな。すぐに解決だ!

と思ったのですが、それが甘かった。どうやっても原因がわからない・・。

自分の知識足らずが一番の原因なんですが、もうぜんっぜんわからない。他の人のサイトならどんなに遅いサイトでも結果が出るのに、自分だけエラー。何度やってもエラー。

原因かも?と思うけどよくわからない「PageSpeed Insights」のエラー

結局わからないままなのですが、自分なりに調べたページスピードインサイトのエラー原因を以下に羅列しておこうと思います。的外れなことも言っていると思いますし、解決できてないので意味はあまりありません。→サイトスピードのこともあり、サーバーを(さくらサーバー→ConoHa WING に変更したところPageSpeedInsightsを無事行うことができました。(詳しくは下記で説明しています)

サイトの「ビュー数」が少なすぎる?→関係なし

ググった中でよくあった答えが、「サイトのビュー数(閲覧数)が少ないとエラーになる」というものでした。

私が作っているサイトの中で一番ビュー数が多いものでも、月間に3万程度。たしかにビュー数が少なければ、試行できるデータも少なくてうまくいかないような気もします。でもページスピードを測るのに他の人の閲覧状況も関係あるのだろうか?

この程度ではサイト速度を測らせてはもらえないのか・・?

などと悩みましたが、解決策なし!だってすぐにビュー数を上げることなんてできないですし!簡単にビュー数上げられるのなら、そもそもサイトのスピードなんて気にしませんし!ということで不明のまま。

WordPressのテーマのせいじゃないの!?→関係なし

次に目をつけたのはWordpressのテーマ。

現在私が使っているのは、最高すぎるWordpressテーマ「Cocoon」様。無料なのに、使いやすい、見た目もきれい、すぐバージョンアップもしてくれる。という最強のテーマなのですが、

もしかしたらこのコクーン様にも不具合が!?

とまさかの「Cocoon」を疑いましたが、他のテーマに変えてみてもやっぱりダメ。やっぱりだめ(2回言いました)

やっぱり「プラグイン」が原因じゃない?→関係なし

WordPressの不具合といえば「プラグイン」ですよね!ということでプラグインが原因ではないかと試してみることにしました。

  1. 全てのプラグインを停止
  2. 「ページスピードインサイト」を試してみる

結果は・・、

Lighthouse returned error: FAILED_DOCUMENT_REQUEST. リクエストしたページを Lighthouse で正確に読み込めませんでした。テスト対象の URL が正しいこと、サーバーがすべてのリクエストに適切に応答していることを確認してください。(詳細: net::ERR_TIMED_OUT)

ですよね・・。

ということでこれも違うみたいです・・。

使っている「パソコン」「ブラウザ」が原因?→関係なし

使用しているパソコンやブラウザが原因ということもありえます。ちなみに私の家の環境は、

  • パソコン:MacBookPro
  • ブラウザ:chrome

です。(細かい仕様?わかんね)

試しに会社のパソコン(Windowsのfirefox)でやってもダメ、iPhoneのsafariでやってみてもダメ。ということでこれも違いそうです。

家のパソコンで他の人のサイトの速度は測れてたので、あまり期待はしてませんでしたけどね!

「さくらサーバー」が原因じゃないの?→設定の問題かもだけどとりあえずサーバー変更で解決!!

わたしが今使っているレンタルサーバーはさくらサーバーです。

このさくらサーバー、低価格であまり負担なく利用できるのと、サイトを作る前に参考にしていた本がさくらサーバーを使っていたという2つの理由から使用しています。

ただ正直、サーバーのことは全然わかんない。他のこともわからないけど。もしサーバーの設定がおかしいから、とかなら全くお手上げです。とりつく島なし。

という事で原因不明のまま、時の流れに任せることに。→サーバー変更することで解決!!

ということで、最初に書いたように結局サイトの速度を「ページスピードインサイト」で測ることはできていません。もう「ビュー数の少なさ」「サーバーあたりの設定が変」なのじゃないかという超適当な結論に達してしまいました。

そして「サーバーの設定」はよくわからないので、ビュー数が上がるまで時の流れに身を任せるという手段を取ることにしました。

ということで「ページスピードインサイトにエラーが出る」という同じ悩みをお持ちの方、ぜひ解決して、その方法を教えてくださいね!

(追記)サイトの読み込み速度が遅かったことや、さくらサーバーのメイン画面が見づらかったことなどもあり、思い切ってConoHa WING にサーバーを移転することにしました。

サーバーの移転に関しては、知識がなく二の足を踏んでいたのですが、ConoHa WINGさんのワードプレス簡単移行が、想像以上にかんたん(移行自体はほぼワンクリック)だったため、決断しました。その結果・・

ページスピードインサイトが普通にできる〜!!

しかも・・、ほぼ100点!!(このサイトです)さすがConoHa WING!!

ページスピードインサイト

ということで無事解決しました。原因は不明ですが、さくらサーバーでの私の設定(SSLとかかなぁ)が悪かったのかもしれません。この記事にたどり着いたみなさんの中でも、どうしても解決しない場合はサーバーを変更してみるのも良いかも・・?(ConoHa WINGの簡単移行は本当におすすめです)

コメント

コメント一覧 (1件)

  • みっちー より:

    avast止めたら解析出来ました。

    さくらのサーバー移行がめんどくさいので古いサーバーのままなのも問題かもしれません。
    もしかして、さくらの嫌がらせかもですね(´ー`*) フッ

コメントする

目次
閉じる