やっぱり最高。つくしペンケース(革)の購入レビュー

文房具・雑貨
この記事は約4分で読めます。

つくしペンケース(革)が出ているだと・・?

文房具好きの中ではもはや定番のつくしペンケース。

つくし文具店のオリジナルペンケースでその使いやすさは秀逸。私も数年前から黒のつくしペンケースを持っており、好きなペンや測量野帳、ロディアなどを収納するのに使っていました。

そんな中、つくし文具店のつぶやきを見て

な、なにぃ「革のつくしペンケース」が出ているだと?!

と気がついたのが今年の5月。(2ヶ月ほど気がつきませんでした・・)

調べてみると当初は100個の限定発売だったそう。それも即完売とのこと。

自分は「文房具好き+革好き」を拗らせているため、この「革のつくし」を購入できなかったことにショックを隠しきれませんでした。

つくしペンケース(革)の定番商品化→即購入。

それからも暇があれば革 つくしペンケースでTwitterやInstagramで検索をかけたりしていたのですが、あまり情報が出てこない・・。

そんなある時、

あれ、定番商品化してるみたいだぞ・・。

というのに気がつきました。ただ普通のつくしペンケースと同じように入手は困難なのだろう、いつか東京に行った時にでも探してみるか・・、と半ば諦めつつポチっていると

 

「在庫あるじゃん・・!」

irodoriさんで発見してしまいました。

しかし税込9,900円のペンケース、なかなか購入に踏み切るのには・・・。

はい即購入。

嫁にも事後決裁で即断、即振込してしまいました。迷っている間に在庫切れになったら嫌ですしね。(実際、ブンドキ.comさんや他のショップではとりあえず在庫なしでした)

ということで「つくしペンケース(革)」のレビュー

振込から2日後、早速irodoriさんからつくしペンケース(革)が送られてきました。素早い対応ありがとうございます。

ということで早速レビューです。

つくしペンケース(革)の開封

つくしペンケース(革)の開封です・・。

つくし文具店の詳細が書いてあります。(他の商品の時にも入ってましたね、確か)

いよいよ開封です。

おぉ、(当たり前だけど)真っ黒・・。

前述していますが、私は普通の黒のつくしペンケースも持っています。インスタであげている人たちみたいに色々カスタマイズをしたいな〜(お洒落なバッジつけたりとか)と思っているのですが、自分にセンスがないためそのままでずっと使ってました。

そういうカスタマイズの必要すらない(ていうかつけられない)この革の重厚感、素晴らしい・・。

つくし文具店のマークの「つ」も革でシックに。

中のペンなどを収納する部分も全て革のオールブラック。

さすが高級ペンケースだぜ・・。

ペン等が接触する裏地に関しては黒の帆布を使用しているようです。(汚れなどの面でちょっと安心。)

帆布のつくしペンケースとの比較

持っている帆布のつくしペンケースとも比較してみましょう。

なんかちょっと大きい・・?ような気がします。やはり革の厚み分なのでしょうか。

革のペンケースとしては非常に軽量に感じるつくしペンケース(革)ですが、帆布と比べると重量も少ーしだけ重くなっているように思えます。

少しだけ手持ちの文具を入れてみました。クリップの固定部分ですが、やはり革の分厚くなっているようで、少し硬く感じました。ただこれもあくまで「帆布と比較すれば」の話で特に気になるレベルではありません。

トータル的に「つくしペンケース(革)」はどうなの?

まだ使用し始めたばかりですが、個人的にはこのつくしペンケース(革)、値段を含めても全く後悔はありません。むしろ、

買ってよかった!!

と感じます。というのもやはり私は革好き+文具好き。帆布のつくしも愛用していましたが、革のロールペンケースやどや文具ペンケース、ペンサンブルなどにも目移りしていました。

また帆布のつくしペンケースを個性的にカスタムできるほどのセンスは持ち合わせておらず、なおかつ目立たない限定好きなので、今回のつくしペンケース(革)は最良のペンケースと言えるでしょう。

今からこのアイテムの検討される人の参考になれば幸いです。

コメント