【退職手続き】退職者に返却してもらいたい書類などまとめ

中小企業の総務
この記事は約2分で読めます。

この記事を見て役に立つ(と思われる)人

総務経験がほとんどない総務初心者
※法律は日々改定されます。あくまで自己責任でお願いします。

社員が退職する際に返却してもらいたいもの

社員が明日で退職になるけど、なにを返してもらえばいいの・・?

以下をチェックされてみてくださいね。

退職届(退職願)

自己都合退職の場合(定年以外はほとんどです)は紙で退職願や退職届を提出してもらってください。

会社内のことなので必要なさそうと思うかもしれませんが、その後の手続き(雇用保険の脱退など)に使用するので必ず提出してもらって下さいね。

短期雇用やパートの場合は口頭で退職を願い出てくる場合も多いです。その時も文書で退職届を提出するように伝えて下さい。

健康保険証(本人分、扶養家族分)

健康保険証は本人分と扶養している家族の分を返却してもらってください。

保険証は退職日の翌日からは使用できなくなりますから、誤って使ってしまったら大変です。社員は扶養家族の保険証を忘れがちなので注意しましょう。

健康保険証は脱退手続きの際に添付する必要があります。

社員証

社員証については会社の身分を示すものですので、退職すればもう必要ありません。

またIDがついているものなどは会社の出入りのパスとなる場合もあります。必ず返却してもらいましょう。

制服など会社の支給(貸与)品

会社が支給(貸与)したものについては返却してもらう必要があります。例として何点か挙げておきますのでご参考ください。

  • 名刺
  • 会社関連のカギ
  • 制服
  • ノートパソコン
  • 文房具
  • 印鑑
この備品の関係については会社によって様々です。自分の会社の返却物を一度まとめてみましょう。

通勤定期券

自宅から会社に通うための定期券。当然ですが退職日に清算・返却の必要があります。

会社で作成した資料や顧客データ

会社で業務時間中に作成したデータや資料は基本的に会社の財産となります。

勝手に消去されたり、持ち帰られたりするのはNGですので管理者側がよくチェックしておきましょう。

コメント