超かんたん。ハローワークHPから「雇用保険被保険者資格取得届」を作成する方法

総務全般

「雇用保険被保険者資格取得届」とは

雇用保険の加入条件

雇用保険の加入条件は社会保険と比べると非常に低く、正社員やアルバイト・パート関係なくほとんどの従業員に加入が必要と言えます。

加入条件としては

適用基準
  1. (1)31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。具体的には、次のいずれかに該当する場合をいいます。
    • 期間の定めがなく雇用される場合
    • 雇用期間が31日以上である場合
    • 雇用契約に更新規定があり、31日未満での雇止めの明示がない場合
    • 雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績がある場合 ( 注 )
      [(注)当初の雇入時には31日以上雇用されることが見込まれない場合であってもその後、31日以上雇用されることが見込まれることとなった場合には、その時点から雇用保険が適用されます。]
  2. (2)1週間の所定労働時間が 20 時間以上であること。

※厚生労働省HPから

となっているため、

  • 1ヶ月雇う予定がない(ほぼ日雇い労働者)
  • 週20時間未満の短時間労働者

のどちらかでない限りは、雇用保険の加入は必須となっています。

じゃあパートやアルバイト含め、雇用したらすぐに手続きしなきゃ・・。

中小企業は「ネットで作成」した文書をハローワークに提出するのが一番簡単

では雇用保険を従業員に加入させるにはどういった手続きが必要でしょうか?これは

  • 雇用保険被保険者資格取得届

というものをハローワークに提出する必要があります。長ったらしい名前ですが、

雇用保険の対象になる資格を取得した従業員がいるので届け出ます。

という意味なのでそのままと言えばそのままの名前ですね。

ではこの書類の提出期限や添付書類について確認してみましょう。

提出期限:被保険者となって日の属する月の翌月10日まで
となっています。単純に雇用した月の翌月10日までと思っていてほぼ間違いはありませんね。
添付書類
賃金台帳、労働者名簿、出勤簿(タイムカード)、他の社会保険の資格取得関係書類、雇用期間を確認できる資料(雇用契約書等)

ぐぇー、添付書類めちゃくちゃある・・。

と思いがちですが、実はこの添付書類は

○ 事業主として初めての被保険者資格取得届を行う場合
○ 被保険者資格取得届について届出期限(被保険者となった事実のあった日の属する月の翌 月 10 日)を過ぎて提出される場合
○ 過去3年間に事業主の届出に起因する不正受給があった場合
○ 労働保険料の納付の状況が著しく不適切である場合 など
※厚生労働省HPより
の場合を除き省略することが可能となっています。つまり添付書類なしです。素晴らしい。

じゃあめちゃくちゃ楽ですね!!

しかし注意して欲しいのですが、この添付書類が必要となる条件の中で現実的に発生しやすいのは・・
  • 被保険者資格取得届について届出期限(被保険者となった事実のあった日の属する月の翌 月 10 日)を過ぎて提出される場合

つまり何らかの原因で提出期限をすぎてしまった場合となります。

この凡ミスで添付書類をつけるのは非常に面倒ですので、今回の「雇用保険被保険者資格取得届」の簡単な作り方をしっかり確認して、提出期限を過ぎることの内容に頑張ってくださいね!

「雇用保険被保険者資格取得届」のネットでの作成方法

事前に確認しておきたい従業員の情報

事前に確認しておきたい従業員情報は以下となります。(※氏名や性別など一般的にすぐわかるものは除いています。)

  • 従業員のマイナンバー
  • 従業員の雇用保険被保険者番号
  • 雇用保険の事業所番号
  • 賃金の支払形態と月額賃金
  • 入社日
  • 雇用形態
  • 入社経路
  • 従業員の職種
  • 1週間の所定労働時間
  • 契約期間の定めの有無
これだけ準備していれば、あとは入力していくだけとなりますね。

では実際に入力フォームを確認していきましょう。

まずは作成フォームを見つけよう

「ハローワークインターネットサービス」を検索

まずは「ハローワークインターネットサービス」を見つけましょう。

ハローワークインターネットサービスで検索するか、下記にリンクを貼っているのでそちらをクリックしてみてください。

ハローワークインターネットサービス

「雇用保険被保険者資格取得届」の作成フォームを見つけましょう。

HPに辿りついたら「雇用保険被保険者資格取得届」の作成フォームまで進んでみましょう。

  1. 上にあるタブの申請などをご利用の方へをクリック
  2. ページの中の雇用保険手続支援をクリック
  3. 「被保険者に関する手続き」の中の雇用保険被保険者資格取得届をクリック

という流れとなります。わかりづらいため以下で説明していきます。

1.上にあるタブの申請などをご利用の方へをクリック

ハローワークインターネットサービス

2.ページの中の雇用保険手続支援をクリック

ハローワークインターネットサービス

3.「被保険者に関する手続き」の中の雇用保険被保険者資格取得届をクリック

ハローワークインターネットサービス

「雇用保険被保険者資格取得届」の入力方法

ではここからは「雇用保険被保険者資格取得届」を作成するための入力をしていきましょう。

ハローワークインターネットサービス

  1. 個人情報の取り扱い同意にチェック
  2. 内容を入力して印刷をクリック

※個人情報の同意にチェックしないと先に進めませんので注意!

続いて以下のような入力画面となりますので内容を入力していきます。

ハローワークインターネットサービス

従業員の入力内容について

  1. 個人番号
  2. 被保険者番号
  3. 取得区分
  4. 被保険者氏名
  5. (変更後の氏名)
  6. 性別
  7. 生年月日
  8. 事業所番号
  9. 被保険者となったことの原因
  10. 賃金
  11. 資格取得年月日
  12. 雇用形態
  13. 職種
  14. 就職経路
  15. 1週間の所定労働時間
  16. 契約期間の定め

この中から入力の際に注意したい部分について解説します。

□ 個人番号

従業員のマイナンバーです。雇用保険関連の申請にはマイナンバーが必須となっていますが、重要な個人情報のためここでは入力不可となっています。

ここだけ印刷後に手書きをする必要があります。

□ 被保険者番号

雇用保険の被保険者番号を入力します。

以前勤めていた人からは、採用のときに雇用保険の被保険者証を提出してもらっていると思います。この被保険者証に記載してあるのが被保険者番号となります。

□ 取得区分

新規・再取得のどちらかを選択します。

  • 新規 :初めて雇用保険に入る人
  • 再取得:今まで雇用保険に入っていたことがある人

となります。

□ 事業所番号

ハローワークに登録されている会社の番号となります。

過去に申請した書類や、現在の従業員の確認通知書などに記載してありますのでそれを入力して下さい。

○○○○-○○○○○○-○

の4桁・6桁・1桁の連番となっています。

□ 被保険者となったことの原因

  • 新規雇用(新規学卒)
  • 新規雇用(その他)
  • 日雇からの切替
  • その他
  • 出向元への復帰など(65歳以上)

の中から選択します。該当がよくわからない場合はハローワークに問い合わせてみましょう。

□ 賃金

賃金の支払い形態を

  1. 月給
  2. 週給
  3. 日給
  4. 時間給
  5. その他

から選択し、それに応じた月の賃金を入力します。

支払い形態はどれを選んでも、月の賃金を入力してくださいね。

□ 資格取得日

資格取得日に関しては「入社日」を入力してください。

また日雇いからの切替の場合は切り替えた日の入力をする必要があります。

□ 雇用形態

従業員の雇用形態について選択します。

  1. 日雇
  2. 派遣
  3. パートタイム
  4. 有期契約労働者
  5. 季節的雇用
  6. 船員
  7. その他

から選択していきます。

□ 職種

  1. 管理的職業
  2. 専門的・技術的職業
  3. 事務的職業
  4. 販売の職業
  5. サービスの職業
  6. 保安の職業
  7. 農林漁業の職業
  8. 生産工程の職業
  9. 輸送・機械運転の職業
  10. 建設・採掘の職業
  11. 運搬・清掃・包装等の職業

従業員の職種について選択します。一番近いものを選択するか、過去に同じ職種で雇い入れた人がいればその人と同じものを選べば間違いありませんね。

□ 就職経路

就職経路

ハローワークの紹介か、自社で求人した人なのか、民間の求人サイト(会社)から雇用したのかを選択します。

□ 1週間の所定労働時間

1週間の所定労働時間を入力します。

雇用契約書にも記載が必要な事項のため、その書類を確認すれば間違いありませんね。

□ 契約期間の定め

外国人の届出の場合はこの他に入力箇所がありますが、ここでは割愛させていただきます。

雇用主(会社)の内容入力

ここまで入力すると、後は会社の内容を入力していくことになります。

会社の入力内容については以下のようになります。特に問題ないとは思いますが「届出年月日」がまだ未定の場合はあえて入力せず、後で手書きする方が楽かもしれません。

  • 事業所名
  • 事業主住所
  • 事業主氏名
  • 事業主電話番号
  • 届出年月日
  • 申請先

PDFの出力と印刷について

入力が終わったら右下の「帳票作成」をクリックしてみてください。

入力内容に問題なければ、これでPDFがパソコンに保存されました。

後はそのデータを開いて印刷をするのみとなります。

入力をしてない箇所があっても空白で処理されるのが意外と便利すぎる・・。(後から手書きできるから)

ちなみに以下のような形のPDFとなりますので参考にしてみてください。(内容は適当です)

PDFは裏面(注意事項等)も合わせたデータとなります。印刷するときは両面印刷をするようにしましょう。

 

 

コメント