【利用頻度の高い場所】をオフにする方法と履歴の消去のやり方

利用頻度の高い場所 位置情報ガジェット
この記事は約3分で読めます。

iPhoneの利用頻度の高い場所をオフにしたい

という方向けの記事です。手順通りに行えば簡単ですので、気になる人はぜひ試してみてください。

iPhoneやスマホはGPSにより、現在地を使用して様々なサービスを利用しています。例えば、

  • 検索をするときに現在地周辺の情報が結果として表示される
  • マップアプリなどで現在地が表示される
  • カメラの写真データに位置情報が入る

などその用途は色々ですね。

アプリを立ち上げると「位置情報を使用してもいいですか?」という許可を求めてくることもあります。ではみなさん、iPhoneがみなさんの利用頻度の高い場所を記録している、ということは知っていましたか?

よくiPhoneを使っている場所はスマホ端末に自動で記録されているのです。

しかも、これはデフォルトでオンに設定されているため、自宅や会社、立ち寄る頻度の多い場所などはiPhoneの中にどんどん記録されていってしまっています。

あまり周りに知られたくない場所(内緒で行きたい場所もありますよね)まで記録されていくのはちょっと困りモノです。Appleはこの利用頻度の高い場所の情報を集める理由として公式で以下のように説明しています。

利用頻度の高い場所 — あなたの利用頻度の高い場所を学習するために、iPhoneはあなたが最近訪れた場所とそれらの場所をどれくらいの頻度でいつ訪れたかを追跡します。このデータは暗号化されてあなたのデバイスのみに保存され、あなたの同意なしに共有されることはありません。情報は予測交通情報サービスなどの個人向けサービスを提供するために使用され、フォトメモリー機能を改善するためにも使用されます。

Apple:位置情報サービスとプライバシーより

この文章を見る限り、位置情報はiPhoneの本体のみに保存されるようです。それでも

位置情報を記録されるのは嫌だな・・。

という人は多いと思います(私も嫌ですし・・)

この利用頻度の高い場所をオフにする方法と、履歴の消去方法について紹介していきます。

【利用頻度の高い場所】をオフにする方法

デフォルトでオンになっている、利用頻度の高い場所を記録する設定をオフにする方法です。

まず設定アプリをタップします。

 

次にプライバシーをタップします。

位置情報サービスをタップします。

下に進みシステムサービスをタップします。

利用頻度の高い場所をタップします。

利用頻度の高い場所をオフにします。

【利用頻度の高い場所】の履歴の消去方法

【利用頻度の高い場所】の中の【履歴を消去】をタップします。

利用頻度の高い場所 履歴の消去

「利用頻度の高い場所」の設定まとめ

初めて【利用頻度の高い場所】の画面まで進んだ人は、自分が今まで訪れていた場所が正確に表示されて驚いたのではないでしょうか。

自宅や学校、勤務場所など当たり障りのない場所でも正確に「何回訪れている」と表示されると、ちょっと怖くなってしまいます。操作自体は簡単ですので、利用頻度の高い場所の設定をオフにする方法や履歴を消去する方法も覚えておきましょう。

コメント