「Siri」を実用的に使う方法【アラーム編】

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

Siriを実生活で便利に使いたい【アラーム編】

Siriを実践的に活用してみたいので色々試してみよう。

Siriを便利に使うことで、iPhoneをもっとスピーディかつスマートに。
今回はアラーム設定をSiriにお願いしてみて、活用方法を考えていきたいと思います。

Siriにアラームをお願いして成功した言葉

「明日の朝5時に起こして」

Siri 朝5時に起こして

問題なくアラームが設定できました。ちなみに0時を越えた時間に「明日」とSiriにお願いしても朝5時になりました。

「7時間後に起こして」

Siri 7時間後に起こして

ぴったり7時間後にアラームがセットされました。(0時28分にSiriに話しかけました)

「アラームを全部オン(オフ)にして」

Siri アラームを全部オン
Siri アラームを全部オフ

設定してあるアラームをまとめてオンオフすることが可能です。これは案外便利かもしれません。

「アラームを全て削除」

Siri アラームの一括削除
Siri アラームの一括削除の確認

一括設定のためか、削除するかの確認をされるため「はい」と答えると設定してあるアラームを一括で削除することができました。
たくさんアラームを作りすぎた!って時にはコレ便利です!

Siriにアラームをお願いして失敗した言葉

「明々後日の朝7時に起こして」

Siri アラーム 失敗

アラームが24時間以上先まで設定できない事を教えられ、リマインダーを勧められました。
リマインダーの「アラーム」設定ならば24時間以上先にも設定可能のようです。

「朝7時と7時半と8時にアラームをセット」

Siri アラーム 失敗2

最初の「朝7時」のみのアラームが設定されました。

「朝7時から5分おきにアラームを設定」

Siri アラーム 失敗3

7時5分でアラーム設定をされてしまいました。

まとめ

Siriにアラーム設定をお願いしてみましたが、おおよそのことはできた印象です。
特に

  1. アラームの一括削除機能
  2. アラームの一括オンオフ

などは手でスワイプするより早くできるイメージです。
ちょっと使ってみたい機能となりました。

アラームが鳴っていて、手が離せない時に「ヘイSiri!」と呼びかけると(大きめの声で)アラームを止めることが可能です。

 

コメント