画面を強く押す−【3D Touch】で出てくるアプリ別メニューまとめ

ガジェット
この記事は約3分で読めます。

iPhone6sからの機能として便利な「3D Touch」
使い方は至ってかんたん。普段より強くタップするイメージです。

3D Touchを使う事でパソコンの「ショートカットキー」を使用できるような印象を受けますね。

この機能で出てくるメニューを主なアプリ別に紹介しておこうと思います。

「3D Touch」で出てくるメニュー(アプリ別)

メッセージ

3D Touch メニュー

  • 新規メッセージ
  • 最近メッセージを送った連絡先

となっています。新規メッセージの作成も一発で行えるし、よくやり取りをする相手にもすぐ飛ぶ事が可能です。

カレンダー

3D Touch カレンダー

  • 次の予定(一番近い予定)
  • +イベントを追加

近々のイベントを確認するのに便利。またイベントの新規追加も可能です。

写真

3D Touch 写真

  • アルバムのプレビューの一覧表示
  • 最新のカメラロールのプレビュー
  • お気に入り
  • 1年前
  • 検索

となっています。自分はお気に入り機能などを使用していないためあまり実用性を感じませんが、写真整理を細かにされている方には便利なのかも?

カメラ

3D Touch カメラ

  • セルフィーを撮る
  • ビデオ撮影
  • QRコードをスキャン
  • 写真を撮る

となっています。「写真を撮る」は別にいらない気もしますが、後の3つはいちいち起動後に切り替える必要もないので時短といえますね。

天気

3D Touch 天気

  • 登録地点のプレビュー
  • 地点登録の追加ボタン

となっています。正直これはプレビュー用かなぁ・・?

時計

3D Touch 時計

  • アラームを作成
  • ストップウォッチを開始
  • タイマーを開始

となっています。急きょ使いたい機能としてはストップウォッチなのかもしれませんね。

マップ

3D Touch マップ

  • 現在地をマーク
  • 自分の現在地を送信
  • 周辺検索

となっています。

メモ

3D Touch メモ

  • 最後にメモしたデータのプレビュー
  • 新規メモ
  • 新規チェックリスト
  • 新規写真
  • 書類をスキャン

となっています。下記の記事でも紹介していますがメモアプリは非常に便利に進化しています。その便利機能へのショートカットとも言えますのでこれは使い勝手が良さそう。

設定

3D Touch 設定

  • バッテリー
  • モバイルデータ通信
  • Wi-Fi
  • Bluetooth

となっています。まるでコントロールセンターのような組み合わせ(笑)

ヒント

3D Touch ヒント

  • おやすみモード
  • スクリーンタイムを確認する
  • 被写体のサイズを確認する

となっています。まだ未確認ですが、ヒントの使用頻度で内容が変わるのかも・・?

電話

3D Touch 電話

  • 新規連絡先を作成
  • 連絡先を検索
  • 最近の通話を表示

となっています。

Safari

3D Touch サファリ

  • リーディングリストを表示
  • ブックマークを表示
  • 新規プライベートタブ
  • 新規タブ

となっています。

まとめ

どれも普段ならばアプリを開いて2度3度タップして進めるメニューばかりですね。

時間短縮にもなります。今まで使っていなかった人も一度試してみてくださいね。

コメント