実は超便利!?iPhoneの【画面の読み上げ】の設定方法と使い方

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

iPhoneには表示された文章を読み上げる読み上げ機能が標準で付いているって知っていましたか?

読み上げ機能?自分には必要ないよ!

と思われる方も多いかもしれませんが、案外使える機能なんです。
例えば・・

  1. ジョギング中に音楽ではなく、kindleなどの小説を読み上げる
  2. 目が疲れたな、という時のネット閲覧
  3. 電車の中で小説を聞く

などに使えますね。
最近ではBluetooth対応のイヤフォンも小型で高性能になっていますので人知れず小説を聞き流す、なんてのも面白いかもしれません。
では画面の読み上げの設定方法と使い方についてご紹介していきますね。

「画面の読み上げ」の設定方法

【設定アプリ】をタップします。

画面の読み上げ 設定

【一般】の項目をタップします。

画面の読み上げ 一般

【アクセシビリティ】の項目をタップします。

画面の読み上げ アクセシビリティ

【スピーチ】の項目をタップします。

画面の読み上げ スピーチ

【画面の読み上げ】の項目をオンにします。

画面の読み上げ オンにする

これで「画面の読み上げ」を使う準備ができました
では実際に読み上げ機能を使ってみましょう。

「画面の読み上げ」の使い方

読み上げをさせたい画面を開きます。

画面の読み上げ 使い方

画面の上部から下に向かって2本指でスワイプさせる。

画面の読み上げ 2本指でスワイプ

画面の上部ギリギリから下に向かって2本指でスワイプ。
(ちょっとコツがいりますが慣れれば簡単)

 

最初に説明をした「画面の読み上げ」をオンにしていないと全く反応しません。

画面の読み上げが開始され、メニューバーが出てきます。

画面の読み上げ メニューバー
読み上げが開始されます。
それと同時にメニューバーが出てきます(すぐに最小化されます)
マークの意味は・・

亀のマーク:読む速度がゆっくりになる
うさぎのマーク:読む速度が早くなる

となっていますね。

実際に動画で見てみましょう。


「画面の読み上げ」機能もSiriと同じで進化しているようです。
そのうち文章も目で読むのではなく全て声で読み上げてもらうような時代も来るのかもしれませんね。

コメント