邪魔だから出ないでほしい人必見。キーボードの【予測変換】をリセットする方法

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

意外と邪魔な場合も多いキーボードの予測変換機能

iPhoneのキーボード予測変換機能。入力する際には非常に便利に使えますが、ちょっと邪魔なときもありますよね。

  1. 携帯ショップの店員さんに渡して確認してもらう
  2. 友人や家族に写真などを見せる

そんな時に

変な予測変換が出てきたら嫌だな・・

と思ったことありませんか?
いざという時に予測できない事態を招くのも予測変換機能なんです。
この機能には学習能力があり、普段使っている単語を自動的に出してくれます。
わたしも以前、大阪出身の友人のスマホを一度借りた際に関西弁がたくさん予測変換に出てきて

やっぱり関西弁が予測されるんだ。面白い。

と思ったことがあります。
下手するとプライベートなことも予測されてしまう可能性もあるこの予測変換。
今回はこの学習機能をリセットする方法をご紹介します。

予測変換学習をリセットする方法

【設定アプリ】をタップします。

予測変換学習 設定

【一般】の項目をタップします。

予測変換学習 一般

【リセット】の項目をタップします。

予測変換学習 リセット

リセットは一番下の方にありますのでご注意下さい。

【キーボードの変換学習をリセット】をタップします。

キーボードの変換学習をリセット

パスコードを求められるため、入力します。

キーボードの変換学習 パスコード

「変換学習をリセット」をタップします。

変換学習をリセット

予測変換機能をオフにできる?

上記では予測変換の学習のリセット方法を紹介しました。
しかしいちいちリセットをするよりも

予測変換機能自体をオフにしたい~!

と思われる方もおられると思います。
しかし、現在のiPhoneでは予測変換の全てをオフにすることはできません。英語のみが予測変換オフにすることが可能です。

英語だけでもオフにしたい!!

という方もおられると思いますので、ここでは英語の予測変換のオフの方法についてもあわせて紹介していきます。

予測変換機能のオフ(英語のみ)の設定方法

【設定アプリ】をタップします。

予測変換のオフ 設定

【一般】の項目をタップします。

予測変換機能のオフ 一般

【キーボード】の項目をタップします。

予測変換機能のオフ キーボード

【予測】の項目があるため、それをオフにします。

予測変換機能のオフ 予測
この設定をすることで英語の予測変換はオフになります。
キーボード設定の中でかなは

  • フリックのみ

という1つの設定しかないのに対し、英語は

  • 自動大文字入力
  • スペルチェック
  • 予測
  • ピリオドの簡易入力

と4つも設定があります。近い将来はかなの予測のオンオフが切り替えられるようなアップデートもあるかもしれません。

期待して待ちましょう。

コメント