ブルーライトをカットして目を守る。【Night Shift】の設定と時間指定の方法

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

iPhoneのブルーライトカット機能について

目に悪影響を及ぼすと言われているブルーライト。
iPhoneには標準でブルーライトをカットする「Night Shift」という機能が付いていることをご存知でしたか?
今回はこの「Night Shift」のオンオフの切り替え方法、また時間指定の方法についてご紹介していきます。

「Night Shift」のオンオフの切り替え方法

Night Shiftのオンオフの切り替えは

  1.  設定画面から切り替える
  2.  コントロールセンターから切り替える

の2つの方法があります。
どちらの方法でも大丈夫ですが、単純にオンオフの切り替えを行うだけならばコントロールセンターから切り替える方が手早く済みます。

この記事ではコントロールセンターからの切替方法について説明します。

コントロールセンターを表示します。

Night Shift コントロールセンター

iPhoneの画面下から上に向かってスワイプするとコントロールセンターが表示されます。

【明るさ調整】を長押しします。

Night Shift 明るさ調整

コントロールセンターには明るさ調整の箇所があるため、そこを長押しします。
以前はNight Shift専用のボタンがありましたが、iOS11以降はなくなったようです。

Night Shiftのオンオフボタンが現れるため、タップで切り替えます。

Night Shift オフ Night Shift オン
明るさ調整がアップになり、下にNight Shiftのオンオフが出てくるためタップで切り替えます。

「Night Shift」の時間指定の設定方法

Night Shiftは手動によるオンオフ以外にも時間帯を指定することで、自動でオンオフを切り替える便利機能もついています。
この設定さえキチンとしておけば、何もしなくても指定した時間帯にブルーライトから目を守ることが可能ですね。

【設定アプリ】をタップします。

Night Shift 設定

【画面表示と明るさ】をタップします。

Night Shift 画面表示と明るさ

【Night Shift】をタップします。

Night Shiftをタップ

【時間指定】をオンにします。

Night Shift 時間指定

手動で明日まで有効にすることも可能です。
また「色温度」の設定もここで変更することができます。

 
Night Shift 開始と終了

「時間指定」をオンにすると開始時間と終了時間が表示されますので、さらにタップします。

オンオフの時間を設定します。

Night Shift カスタムスケジュール
「オンにする時刻」「オフにする時刻」をそれぞれ設定します。
「日の入から日の出まで」を設定することも可能です。この場合は現在地の日の入りと日の出をiPhoneが自動的に読み込んで設定されます。
「Night Shift」には使う際のデメリットが特にありません。自身の眼を守るためにもぜひ設定をしておきましょう。

家族や友人にもぜひおすすめしてみてくださいね。

 

コメント