転職サイト「ミイダス」に会員登録してわかったこと。【使い勝手・評判・費用】

転職サイトが気になる
この記事は約8分で読めます。
いかすみ君
いかすみ君

転職サイト「ミイダス」ってどんなサイト?

という疑問を持ってこの記事に来た方、こんにちは。済(すみ)ブログを運営している「いかすみ」です。

なにを隠そう、僕自身も営業→事務への転職経験者です。実際やってみて感じますが、転職(就職活動、退職までの段取り)ってかなり力を使います。

なるべくならスムーズに転職活動を行いたいですね。

このインターネットが普及した情報化社会では、就職や転職においてもとにかく情報が大事になってきます。ひと昔前なら知り合いやハロワを頼るしかなかった転職も、部屋の中で世界中の仕事情報を確認することができますね。

便利になった反面、情報をいかに入手するかどうかで転職の成功・失敗も決まってしまいます。つまり転職サイト選びの成功がそのまま転職の成功のカギになっているのです。

いかすみ君
いかすみ君

ではさっそく、転職サイト「ミイダス」がどんなサイトかを見ていきましょう。

転職サイト「ミイダス」とは?

パーソナルキャリア株式会社が運営する転職サイト(アプリ)

転職を考える際に大事だといわれている自己分析を「市場価値診断」という言い回しで
市場に自分を売り込み、企業からのオファーを待つという新しいスタイルの転職サイトです。

HPのデザインはシンプルかつ見やすく、ちょっと登録してみようかなぁ?と思わせるような作りとなっています。

「ミイダス」の登録をする際に必要な情報

ミイダスの市場価値診断(無料登録)には、名前や仕事状況などの情報が必要となります。最初に戸惑う部分なので、必要な情報についてまとめておきましょう。

いかすみ君
いかすみ君

事前にチェックしておくと登録も早いですよ〜。

個人について

  • 性別
  • 生年月日
  • お住まいの都道府県
  • 第一言語(得意な言語)

学歴について

  • 最終学歴
  • 最終学歴の「学校名」「学部」「卒業した年」

職歴について

  • 6か月以上の離職経験のありなし
  • これまでの経験社数
  • 直近の社歴「在職中」「離職中」
  • 入社年月・退職年月
  • 勤務先の名称・業種・従業員数
  • 勤務先での雇用形態・役職・年収

スキルについて

  • 直近の勤務先での職種
  • 経験のある業務
  • その他経験業務のスキルについて

語学スキルについて

  • 英語力について
  • Excelスキルについて
  • 自動車運転免許の有無
  • 保有している資格
いかすみ君
いかすみ君

ハァハァ、けっこう入力項目がありますね・・。しかし自分の市場価値を診断するためには仕方がありません。頑張って入力しましょう。

ここまで入力すると、以下のことをミイダスが教えてくれます。

  • 選考に合致した企業数
  • 類似ユーザーオファー年収実績
  • 面接確約オファー
この段階までは会員登録なしで進む事ができます。
オファーの内容を知るために、ここからは無料会員登録が必要になります。

「ミイダス」に無料会員登録するために必要な情報

ここからは「ミイダス」の無料会員登録の流れについてご紹介します。

  1. Facebookアカウントもしくはメールアドレスのどちらで登録するか選びます。
  2. パスワードを設定します。
  3. 電話もしくはSMSで認証コードを受け取り、入力します。
  4. 「情報を公開したくない企業」を登録します。
  5. 希望する「勤務地」「業種」「企業規模」「契約形態」を入力します。
  6. 「検討可能最低年収」を入力します。
  7. 「希望する職種」を入力します。
  8. 特に自信のある職種とスキル(任意)を選びます。
  9. 転職する意欲について選びます。
  10. 転職する理由について選びます。
いかすみ君
いかすみ君

文章にすると長く感じますが、質問は全て選択式なので2、3分あれば登録は可能だと思います。
これでミイダスへの無料会員が終了しました。

早速「ミイダス」のコンピテンシー診断をやってみました。

コンピテンシー診断とはどんなもの?

会員登録をするとおすすめで表示される「コンピテンシー診断」

複数の設問の中から、自分に当てはまるものをチェックしていくだけで、下記のような自分の適性について予測します。

となっており、具体的には

  • 適性が高い職種適性が低い職種を予測。
  • 職務を遂行する上で必要とされる能力要素を予測。
  • マネジメント資質を予測。
  • 部下としてのあなたのタイプや、どういうタイプの上司と相性が良いか、悪いかを予測。
  • ストレスに感じやすい活動や条件、環境を予測。

など自分の適性や資質がわかるようです。

いかすみ君
いかすみ君

けっこう面白そうですね。ただし行う前に以下のことに注意しておきましょう。

  • コンピテンシー診断は1度しかできない
  • 25分程度時間がかかる
  • 診断結果は企業に開示(ブロック企業は除く)される

コンピテンシー診断を行った結果と感想

あまり深く考えずに行ってみると、15分程度で終了することができました。会員登録の時もそうでしたが、ミイダスのサイトは操作性がわかりやすく、このような診断でもストレスなくサクサク進められるのは嬉しいですね。

いかすみ君
いかすみ君

内容としては130問程度の選択式でした。

適性診断らしく、勉強などが必要な問いは全くありません。

気負わなくても、すぐに診断が可能だと感じました。

では結果を確認・・・。

性格の特性からさまざまな資質や相性などが、文章・点数で表示されます。

自分の性格として、なんとなく自覚症状があったけれど、目を背けていたようなポイントもはっきり指摘されていますね・・。

いかすみ君
いかすみ君

向いている職業も表示されるんですね・・。どれどれ??

!!?

な、なんと現職の事務の適性が3しかない・・。(下すぎて画像が見切れてます、すみません)

適職は4の評価までしか表示されない、と説明文がありましたので、現職だから一応載せているといったことなのでしょうか。

いかすみ君
いかすみ君

う〜ん、転職するか・・??

コンピテンシー診断を行ってみた感想は「これは無料の診断レベルじゃない」です。普通に3,000円以上かかってもおかしくないような質のサービスに感じました。
転職希望者でなくても、現在の仕事・職場に不満があるような人が行ってみても参考になる内容と思います。

ミイダスに無料登録してコンピテンシー診断を行う

「ミイダス」を使ってわかった良い点と気になる点

「ミイダス(MIIDAS)」の良いポイント

自分にあった職業をマッチングしてくれるところ

個人が会社を選ぶ、会社が個人を選ぶ、という訳ではなく、登録した人が「市場価値診断」をしさえすればミイダス(MIIDAS)がマッチングをしてくれるというのがポイント高いです。

あえてマッチングと言い方をしたのは、ミイダスのこの方式が結婚相談所やマッチングアプリのシステムに似ているなぁ、と感じたからです。

過去の経験からの適材適所のおすすめを教えてくれる、というのは非常に便利。会社を検索する必要もない訳ですから。またこのマッチングという考え方は、雇う企業側からも当然メリットになりますね。

オファー時点で全て面接が確約しているところ

この「市場価値診断」、登録者側から見ると便利な診断ツールですが雇う企業側から見ると詳細な履歴書とも言えます。

この診断が終了した時点で、様々な企業に履歴書を送付して一次選考を行ったのと同じくらい意味がありますね。だから企業からのオファーは全て面接確約、素晴らしいです。

まずは書類選考で履歴書送付から、という企業はまだまだ多いと思います。国が運営しているハローワークですら、「まず履歴書を先方に送って下さい。話はそれからです。」という場合がほとんどですからね。

また就職活動の経験がある人はよくわかると思いますが、日本はまだまだ手書き重視です。他の事務書類はパソコンでもOKでもなぜか履歴書は手書きが必須。

受かるか受からないかもわからない企業に何十通も手書きで履歴書を作成していると、書く事自体に疲れて転職活動をする気がなくなってしまうかもしれませんね。

これがミイダス(MIIDAS)だったら、

優良企業15,000社に、ミイダスがあなたのキャリアを売り込みます

と宣言しているとおり、15,000社に一気に履歴書を自動送信しているようなイメージです。
15,000枚も履歴書書いてたら、普通に定年を迎えてしまいそうですね。

ミイダスと他サイトの比較


【求人掲載順】があなたへの興味が強い順、というのは嬉しいポイント。

また【メール量】がメールが週一回(まとめて)というのも丁度いいと感じます。(毎日いろんなサイトから来ると見る気が失せちゃいません?)

「ミイダス(MIIDAS)」の気になるポイント

マッチング要素が強いため、他業種の転職は難しい?

「市場価値診断」を主にしているミイダス(MIIDAS)、同業種の上位の会社に転職する場合や取得した資格や免許を生かす転職には強そうですが、全くの他業種への転職情報は難しいのでは?と考えます。

例えば次のような人だったらどうでしょうか?

年齢:32才
経験:営業経験10年
資格:営業関連のみ

仮に今は営業の仕事をしているけれど、営業の仕事からの転職を考えていて、

次は工場などの現場系に就きたい・・。

といった場合にマッチングがあるのか?と言えば疑問です。

そんな人にオファーを出してくる現場関係の企業があれば、「ブラック臭を感じる」としかいいようがありませんね。

結論:転職サイト「ミイダス(MIIDAS)」は登録する価値アリ?

結論からいうと登録する価値はアリ!です。
ぶっちゃけ今すぐに転職する気がない人でも「ちょっと会社で嫌な事があったから登録してみようかな?」というレベルで全く問題ないと思います。理由としては

ミイダスに登録するメリット

  1. 市場価値診断で自分の価値を知る事ができる
  2. 想定オファー年収がわかる

この2つだけでも登録する価値あり。

想定オファー年収がガックリ来るような数字ならば

今の会社に骨を埋めるか・・。

という考えに切り替えてもいいですし、想像以上の結果ならば転職を真剣に考えても良いと思います。要は指標ができるという事ですね。
また

自己都合ではなく、マーケット都合で転職することをオススメします。

というHPにある煽り文句も個人的には良いポイントです。自分が嫌だから転職するのではなく、自分が一番年収や条件が良い状態の時に転職するという意味でしょう。

今の売り手市場というのを新卒だけではなく転職組にも当てはめてくれている良い言葉ですね。

実際に能力があるのに、様々な事情で能力を発揮できない(する必要のない)職に就いている人はたくさんいます。

またその事自体をわかっていない(自分がいかに安い給料で、無駄に働いているのか)人もその中には多くいます。このミイダスで自分の市場価値を確かめてみるというのも面白いかもしれませんね。

\5分程度ですぐできますよ〜/

ミイダスの市場価値診断(無料)はコチラ

コメント