通知をされたくない時間や人を設定できる!【おやすみモード】の便利な活用方法

ガジェット
この記事は約3分で読めます。

おやすみモードとは

「おやすみモード」とは名前の通り、睡眠中に設定すると便利なiPhoneの機能です。
オンにする事でステータスバー(画面右上の電池残量のところ)に月のマークが表示され、着信などの通知がされないようになります。
睡眠時間はスマホに邪魔されたくない、特に睡眠時間が他の人と異なるような仕事をされている人(交代勤務など)は活用すると便利かもしれません。
また運転中の通知を無しにする設定もこのおやすみモードから可能なので、車の運転中には集中したいという人にもおすすめです。

ロック中は知らせない、繰り返しの着信は通知する(連続で何度も掛けてきた場合は重要かもしれないので通知をする)など細かい設定が可能です。

おやすみモードのオン・オフのやり方(設定画面)

設定をタップする。

おやすみモード 設定をタップ

少し下にスライドすると「おやすみモード」があるためタップ

おやすみモード タップ

一番上に「おやすみモード」のオンオフがあるためそれをスワイプする。

おやすみモード オフ

おやすみモードになると、電池残量の左側に月のマークが出る。

おやすみモード オン

おやすみモードのオン・オフのやり方(コントロールセンター)

iPhoneの画面下から上に向かってスワイプ(スライド)する。

コントロールセンター おやすみモード

コントロールセンターに三日月のマークがあるため、それをタップします。

コントロールセンター おやすみモード オン

三日月が上の図のようになり、おやすみモードがオンとなります。

「時間指定」の設定方法

おやすみモード 時間指定
おやすみモードはあらかじめ時間の指定が可能です。
普段の就寝時間が不規則である程度決まっている人はこれをセットしていると便利ですね。

おやすみモードの下に時間指定があるため、開始と終了時刻を設定する。

おやすみモード 時間指定 開始と終了

今週は夜勤だから9:00~15:00をおやすみモード、みたいな使い方ができますね。

「iPhoneのロック中は知らせない」の設定方法

おやすみモード iPhoneのロック中は知らせない 常に知らせない
おやすみモード中の通知は

  • iPhoneのロック中は知らせない
  • 常に知らせない

のどちらかに設定が可能です。ちなみに標準は「iPhoneのロック中は知らせない」となっています。
「常に知らせない」を利用する場面がよく思い浮かびませんが、寝る前にiPhoneを使用したいけれど着信やメールで邪魔はされたくないといったところでしょうか。

時間指定の中に「通知」があるためタップして設定する。

おやすみモード ロック中は知らせない 設定

「常に知らせない」と「iPhoneのロック中は知らせない」のどちらかをタップしましょう。

「着信は許可」の設定方法

おやすみモード 着信を許可
着信は許可するかどうかの設定方法です。この着信を許可する相手は

  1. 全員許可する
  2. だれも許可しない
  3. よく使う項目
  4. 連絡先のグループ

と細かな設定が可能です。特に連絡先グループを仕事やプライベートで分けていれば、プライベードは通知しないけれど仕事の連絡は通知する、といった設定も可能です。

着信を許可をタップする

おやすみモード 着信を許可 設定

許可するグループを設定する

おやすみモード 着信を許可 グループ

初期設定では「全員」となっています。連絡先グループなどに変更する事が可能です。

 

コメント