iPhoneキーボードを【トラックパッド】のようにヌルヌル動かす方法

ガジェット
この記事は約1分で読めます。

メールなどの文章を入力していて、前の文章に戻りたくなった際にそこを狙ってタッチしていませんか?
これって意外と難しいですよね。狙ったところにうまく行かないというか。

この悩みは実は簡単に解決できます。

カーソルをぬるぬる動かす方法

カーソルをぬるぬる動かす方法はズバリ、

キーボードの文字入力もしくは空白の部分を長押しする

だけとなっています。
長押しすることで下図のように入力部分のキーボードの文字部分の表示が消え、なんとなくMacのトラックパッドのような感じになります。
この状態で、キーボード部分を動かすとそのまま文章の選択が直感的に動くようになります。実に便利な機能ですね。
長押し トラックパッド化
 
以下の動画も参考にされて下さい。
 


 
英語入力のキーボードでも使用することが可能です。
また文字の入力部で使うこともできますが、確実にこのモードにするには「空白」を長押しするのが一番使いやすいですね。

便利な機能ですので、周りの人にもぜひ教えてあげてみてくださいね。

コメント