減りが早いと思ったら。iPhoneは設定アプリで簡単に【バッテリー診断】ができます。

ガジェット
この記事は約2分で読めます。
充電を一晩中してたのにもうバッテリーが50%切ってる。
充電があまりできていなかったのかな?

よく聞く話ですね。これはもしかしたら充電ができていなかったのではなくバッテリーが劣化しているのかもしれません。

スマホのバッテリーについて

そういえばスマホに関わらず最近の電化製品はあまり乾電池をいれることはなくなりました。これは乾電池の代わりにバッテリー電池が入っているからですよね。
このバッテリーは乾電池と違い、いちいち入れ替える必要はありません。普段使っているスマホのバッテリーを直接見る機会もほとんどありませんよね。
ただバッテリーは普段交換しなくてすむ、というメリットの代わりに大きな欠点があります。それは

バッテリーには寿命が存在する

ということです。充電を繰り返せば繰り返すほどバッテリー自体が劣化してしまうという事ですね。
これはアップル公式サイトの説明にもあるのですが、iPhoneではバッテリーを500回フル充電をすると新品時の80%まで劣化すると示しています。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

Apple:バッテリーのサービスとリサイクルより引用
ではあなたのiPhoneのバッテリーは実際には今どれくらい劣化しているのでしょうか?
iPhoneは設定画面からすぐに確認できるようになっていますよ。

iPhoneの【バッテリー診断】のやり方

【設定アプリ】をタップします。

バッテリー診断 設定をタップ

下の方にある【バッテリー】をタップします。

バッテリーをタップ

【バッテリーの状態(ベータ)】をタップする

バッテリーの状態 ベータ

最大容量という項目の右側にあなたのiPhoneのバッテリー容量が出てきます。

バッテリー診断 最大容量

このバッテリー容量が新品時に100%で、使用していくと少しずつ劣化していきます。また【ピークパフォーマンス性能の項目】で状態も確認できます。

「すぐ充電がなくなる」という時は確認してみよう

すぐ充電がなくなる バッテリー診断
以前は専用のアプリなどを使用しないと確認が難しかったバッテリーの状態も、今のiPhoneなら簡単に確認できるようになっています。

最近バッテリーの減りが早い気がする・・

と思ったらすぐにこのバッテリーの状態を確認してみましょう。またAppleCare+に加入してその期間中ならば無償でバッテリー交換を頼む事も可能ですので、それも検討しておきましょう。
またAppleCare+に未加入もしくは対象期間をすぎてしまった場合でも、バッテリーの有償修理が可能です。
バッテリーの劣化に悩んだり、機種の買い替えを検討する前にバッテリー交換を検討してみるのもいいのではないでしょうか?

コメント